サービス付き高齢者向け住宅のメリットは

サービス付き高齢者向け住宅は、24時間常駐スタッフがいる以外は、自由度が高い高齢者向けの住宅です。外出、外泊はほぼ自由で、リビングルームにキッチン、浴室や洗濯機置き場が備え付けられているため、自立した独り暮らしでプライバシーを守りつつ、安否確認や万が一のサポートが手厚いのが特徴です。もちろん家族や友人が遊びに来るのも自由です。介護付き有料老人ホームと違い、初期費用が不要で、あくまで賃貸住宅の敷金のみで入居が可能です。また、敷金は退去時に返されるので、実際の入居時費用は無料ということです。生活を支援するサポート費を家賃とは別で支払うことで、様々なサポートサービスを受ける事ができる仕組となっています。サポートサービスの内容はその物件ごとに違うので、納得できるサービスの物件を選びましょう。

生活支援サービスがついた自宅という概念

サービス付き高齢者向け住宅のサービスとは、高齢者の生活をより安心に快適にするためのサポート業務が付随する施設です。義務づけられている「見守り」と「生活相談」の他には、買い物代行や食事の提供などが行われています。しかし、これらのサービスは介護保険を使って得られる介護サービスではないので、全額自己負担です。生活支援サービスがついた自宅、という概念です。医療ケアも介護と同様、基本的には訪問看護サービスを別料金で利用する形となります。施設はレクリエーションやイベントも充実しているところが多く、毎日の食事のサービスに付随して和食・洋食・中華のレストランを備えているなど、まだまだ元気な高齢者に少しでも賑やかに、日々の生活を楽しむことができる空間を提供している施設が増えてきています。

「特定施設入居者生活介護の指定」を受けたサービス高齢者向け住宅について

特定施設入居者生活介護の指定を受けたサービス付き高齢者向け住宅の場合には、受けられるサービスが介護付き有料老人ホームと同様になります。ヘルパーさんの数や看護師の配置、医療機関との提携も同じになります。介護付きの有料老人ホームとの違いは、同じサービスを受けられますが、初期費用が断然少なく済むという点です。介護付きの有料老人ホームは、初期費用が高い場合はその分の月額が高額になります。それに比べてサービス付き高齢者向け住宅では、初期費用だけでなく、月額もある程度抑えられていることから、比較的利用しやすい施設として注目され始めているのです。サービス付き高齢者向け住宅で特定施設入居者生活介護の指定を受けた施設はそれほど多くないので、お探しの際は紹介センターに問い合わせることが近道です。