サービス付き高齢者向け住宅とはどのような所か解説

サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者が住み慣れた地域で、好きなように暮らしを続けることを実現するという「地域包括ケアシステム」の拡充を目的とした施策として、2011年頃に創設されたものとなります。要介護度の高い高齢者の受け入れを目的とした有料老人ホームとは異なり、主に介護認定なし(自立)、もしくは要介護度が経度に分類される高齢者を受け入れています。多くは賃貸仮契約となっており、契約の更新もありません。もちろん一般的な賃貸住宅でたびたび起こる、高齢者である事を理由とした入居拒否もありません。日中生活相談員が常駐し、安否確認を含めた様々な生活支援サービスを任せることが可能です。ただし何らかの要因によって介護が必要となった、介護を必要とする場合は、訪問介護やデイサービス等、外部の介護サービスと個別に契約する必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅で提供されるサービス

サービス付き高齢者向け住宅では、常駐するスタッフによる定期的な居室の訪問(安否確認)、居室内で起きた困りごとや介護、生活全般の相談への対応(生活相談)といったサービスを提供しています。そしてスタッフは医療及び介護の有資格者であり、日中はまず常駐してサービスを提供します。夜間などスタッフが居ない時間帯はその住宅のシステムにもよりますが、多くは緊急通報システムにより対応する事が可能です。それ以外のサービスは通常の高齢者を対象とした「一般型」と介護が必要である事を前提としている「介護型」では異なり、例えばレクリエーションであれば「介護型」は確実にかつ頻繁に行われますが、「一般型」はそもそも施設や共有スペースがあるかどうかが住宅によって異なる上、ほとんどはオプションとなります。

サービス付き高齢者向け住宅の探し方

サービス付き高齢者向け住宅について述べてきましたが、結局どのように探せば良いのでしょうか。というのもサービス付き高齢者向け住宅はまだ歴史が浅く、玉石混合である事が否めない為です。最も手軽なのは、インターネットで検索する事です。今の時代らしく検索と一括資料請求が可能な情報サイトという物も結構な数が存在します。なので、まずは必要とする条件、地域や入居費、間取り、入居条件、バリアフリー度、「一般型」か「介護型」か、等を決めて、その条件で住宅情報を絞り込んでいきましょう。そして資料請求をしたら、実際に自分の目で住宅を確認するのも大切です。実際に問い合わせの電話をかけてみる事で、スタッフの人間性に触れることが出来るかもしれません。悠々自適な人生最後の時間を送る為に、良い住宅を探しましょう。