あなたに合ったサービス付き高齢者向け住宅の探し方を説明します

高齢者向けの住宅と聞くと、老人ホームや介護施設などを思い浮かべる人が多いと思います。まずはここの違いから見てみましょう。まず種類からです。主に要介護の方を対象とした施設です。民間型では、介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、グループホームです。公共型では介護老人保健施設や介護療養型医療施設、特別養護老人ホームです。次に自立の方を対象とした施設です。民間型では健康型有料老人ホームがあったりサービス付き高齢者向け住宅、高齢者専用賃貸住宅や高齢者向け優良賃貸住宅、そしてシニア向け分譲マンションです。公共型では、軽費老人ホーム、ケアハウスです。それぞれに受け入れられる介護度などが定められています。また、認知症の受け入れも施設によって異なります。その中で希望にあった施設を探していく必要があります。

サービス付き高齢者向け住宅について

主に高齢だけどまだまだ元気という人が選択するのが、サービス付き高齢者向け住宅になります。施設ではなく、高齢者住宅に分類されます。身体機能が低下した方でも暮らしやすいようにバリアフリーの構造になっていて、安心して暮らしていける為のサービスがついています。具体的には定期的な安否確認があったり生活相談といったサービスになります。高齢者住まい法に基づいて設備などの基準が設けられていて、行政に届け出や登録する事が義務付けられている住まいになります。購入するのではなく賃貸の為、初期費用が高額にならない為、住み替えやすいのがメリットです。デメリットとしては、場所によってサービス内容が異なる事です。その為、自分の希望のサービスがある場所を選んでいく必要が出てきます。漠然と不安だからという理由なら問題ありませんが、希望するサービスがあるのであればリサーチが必要です。

サービス付き高齢者向け住宅の探し方

実際にどうやってサービス付き高齢者向け住宅を探していけばいいでしょうか。高齢者自身が探す場合は、インターネットなどの利用が難しい場合もあります。また、インターネットでは膨大な量の情報が手に入る為、本当に欲しい情報が見えてこない事もあります。その為、プロに頼ってみるのがおすすめです。住まい選びをサポートしてくれる窓口があります。高齢者住宅や介護などに精通したスタッフが、希望などの聞き取りをした上で最適な施設や住宅を紹介してくれるものです。直接センターに行ってもいいですし、メールや電話でも相談できます。ひとつ気をつけたいのが、優良な相談センターを利用するという事です。悪質まではいかないものの、充分な聞き取りをしない場合やスタッフの知識不足がある事もあります。それを避ける為に、シニア住宅相談員として資格認定されている人がいるセンターを選んで相談しましょう。